FC2ブログ

知覚過敏のお話✨

おはようございます☀
フォレスデンタルクリニック、スマイルプロデューサーの高橋です☺️

最近、朝晩が冷え込むようになってきましたね💦
ついこの間まで真夏の暑さだったのに、急に冷え込み、身体がついていかないです💦
皆様も、体調崩されないようにお気をつけ下さいね🙇

さて、本日は、知覚過敏についてお話させて頂こうと思います✨

知覚過敏とは、虫歯ではないのに、冷たい水がしみたり、歯ブラシが当たった時や風にあたった時などに歯に感じるピリッと一過性の痛みの事を言います。

良く痛みが起こる場所は、歯肉が下がり象牙質が露出した歯の根っこの部分です。
象牙質はエナメル質に比べてやわらかいので、歯みがきや冷風などの刺激があると、歯の内側の神経に伝わり、ピリッとした鋭い痛みをを感じるようになってしまうのです😣

ご自身で出来る処置と致しましては、歯磨きをする時に力を入れすぎないことです。
綺麗に磨こうと力を入れすぎて、ゴシゴシ磨いてしまうと、歯の根っこが削れて来てしまいます💦

歯科医院での治療方法としましては、露出した象牙質の表面にコーティング剤を塗布したり、レジン充填(白い詰め物)を行うことで外部からの刺激を遮断して、しみるのを防ぎます☺️

かくいう私も実は、ずっと原因不明の歯の痛みがありました…💦
レントゲンで診て頂いても、虫歯でもなく、歯にヒビが入っているわけでもないのに、噛むと痛みが走るのです💦

こちらで働く前に他院で診てもらっても原因が分からず、すっかり諦めていたのですが、先日院長に相談して、診て頂いた所、なんと原因は知覚過敏でした💦

良く見かける知覚過敏は、歯茎の根元だったので、まさか自分の痛みが知覚過敏とは気づかず、根元だけではなく、咬合面(噛み合わせる所)にも知覚過敏があるのだと教えて頂きました😅

早速、露出した象牙質の表面にコーティング剤を塗布して頂き、まさかこれだけで、長年の痛みが⁈って思う程簡単に痛みが無くなりました☺️

コーティング剤はいつかは剥がれてしまうので、永久ではありませんが、本当に楽になりました✨

勿論、個人差はあると思いますし、全てが知覚過敏ではないと思いますが、もし、虫歯ではない痛みで(勿論、虫歯でのお痛みでも)お悩みでしたら、是非、当院でご相談なさってみて下さいね☺️

スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちいたしております✨

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント