FC2ブログ

クサビ状欠損について。

おはようございます☀
フォレスデンタルクリニック、スマイルプロデューサーの高橋です☺️

まだまだ暑い日が続きますね💦
早く涼しく過ごしやすい日が来てくれると良いのですが☺️

さて、今日はクサビ状欠損についてお話しさせて頂きたいと思います。

くさび状欠損とは、歯ブラシの力の入れすぎによる横磨きや、歯磨きの使いすぎで、歯の根元が削れている状態のことをいいます。

歯の表面はエナメル質で覆われており、歯の根元はそのエナメル質が薄くなっているため、そこを歯ブラシで強く磨くと削れてきます。
その為、歯の根元が、削れて凹んだようなり、冷たい水等がしみるようになってきてしまいます。ひどい時は歯の神経の近くまで削れてしまい神経を抜くことになってしまいます💦

クサビ状欠損にならないためには、強い力での横磨きを止め、鉛筆を持つような持ち方で丁寧に優しく磨いてください☺️
歯磨き粉は余り多く出し過ぎずに、少量使うのが良いでしょう。
又、研磨剤入りの歯磨き粉は止め、歯がしみるときは、知覚過敏用の歯磨き粉が有効です。

治療方法としましては、虫歯の治療と同じく歯の色に似た詰め物(コンポジットレジン)を詰めます☺️
神経の近くまで削れている場合は神経を抜いて冠をかぶせることもありますが、殆どの場合は、コンポジットレジンでの修復で大丈夫です。

詰めた後や、冠をかぶせた後も、力を込めた横磨きや、多量の歯磨き粉を使った磨き方を続けると、また削れてきたり歯茎が下がってきたりするのでお気をつけ下さいね☺️

歯の根元がしみる、歯の根元が削れてきていると言う時は、このクサビ状欠損の事が多いですので、ご心配な方や気になる方は、遠慮なくお声がけ下さいませ☺️

スタッフ一同、皆様のお越しをお待ち致しております☺️

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント